大学じゅげむ

文科系から医歯薬学部へ。上原先生の入試合格ポイント。(注意:一日に二度見に来てはいけません。)

スポンサーサイト

2012.01.26 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

大学入試 勉強方 新総括生物

2004.09.09 Thursday 00:27
今回はセミナー生物を終えた後の勉強方です。

チャート新総括生物です。
この参考書はセミナーに載ってないことを学びます。
セミナーに載っていないが大切なとこをセミナーに書き込むか、
または新総括に付箋かアンダーラインをしておきます。

あと受験問題集(むつかしめ)をやってて分からないところを
新総括で学びます。付箋かアンダーラインひくと良いでしょう。

その後は付箋、アンダーラインがあるとことを繰り返し学べばOKです。

セミナーと新総括をマスターすれば受験には十分でしょう。
落ちるとしたら他の教科が原因でしょう。

医学部の合格者でもセミナーの知識もない人も(いくらか)います。
新総括の知識もっている人はあまりいないので、新総括で合格です。
生物学 | comments(0) | trackbacks(0)

セミナー生物 その2

2004.08.26 Thursday 01:47
セミナーのような本を完璧になるまで繰り返すことが大切です。
繰り返すことにより、最後は本を一通り目を通すのに数時間で
出来るようになる。(数時間で理解が最新になるので受験先日に最適)

あと、この本に載っていないこともある。
模擬試験などを受けて、模範解答で必要と思えるところを、
セミナーの上下左右の空白部分に書き込むことが必要です。
生物に関しては(他のいくつかの教科にもいえるが)、
何冊もの本をマスターするよりも、一冊を完璧にし、それに
付加的な知識を書き加える方が効率も上がるのである。
世界に二つとない自分専用の本になり、学ぶ意欲、
楽しさが増してくることでしょう。

模擬試験だけでなく、チャートやその他の問題集に載っていることも
必要な部分は書いときましょう。

セミナーのような本を土台、そして模擬試験、チャート、
むつかしめの問題集の知識を肉付けしていきましょう。
ラクで効率の良い方法であることを実感できるでしょう。
生物学 | comments(0) | trackbacks(0)

生物学力アップのための本。

2004.08.22 Sunday 20:48
まずおすすめは、第一学習社の「セミナー生物」です。
重要事項のまとめ、穴埋め、基本例題、基本問題、発展問題あります。
お持ちの方は徹底的にやってください。
この本プラスアルファで模擬試験に成績優秀者として名前が載ります。

残念なことに、この本には別冊解答集が必要なのです。
しかし、手に入れる方法があります。
予備校の代々木ゼミナールの書店で購入すると昔は解答集がもらえました。
解答集がもらえるかどうか確認して購入することをおすすめします。

プラスアルファの部分は後日、公開します。
ではがんばりましょう。

生物学 | comments(0) | trackbacks(1)

医学部に現役で合格する方法
天才アインシュタインと同じような 超人的な「集中力」を
頭を良くする革命的な教材!CDを聞いてライバルに差をつけよう。けしてライバルに教えてはダメだ。