大学じゅげむ

文科系から医歯薬学部へ。上原先生の入試合格ポイント。(注意:一日に二度見に来てはいけません。)

スポンサーサイト

2012.01.26 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

セミナー生物 その2

2004.08.26 Thursday 01:47
セミナーのような本を完璧になるまで繰り返すことが大切です。
繰り返すことにより、最後は本を一通り目を通すのに数時間で
出来るようになる。(数時間で理解が最新になるので受験先日に最適)

あと、この本に載っていないこともある。
模擬試験などを受けて、模範解答で必要と思えるところを、
セミナーの上下左右の空白部分に書き込むことが必要です。
生物に関しては(他のいくつかの教科にもいえるが)、
何冊もの本をマスターするよりも、一冊を完璧にし、それに
付加的な知識を書き加える方が効率も上がるのである。
世界に二つとない自分専用の本になり、学ぶ意欲、
楽しさが増してくることでしょう。

模擬試験だけでなく、チャートやその他の問題集に載っていることも
必要な部分は書いときましょう。

セミナーのような本を土台、そして模擬試験、チャート、
むつかしめの問題集の知識を肉付けしていきましょう。
ラクで効率の良い方法であることを実感できるでしょう。
生物学 | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

2012.01.26 Thursday 01:47
- | - | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://daigaku.jugem.jp/trackback/4

トラックバック


医学部に現役で合格する方法
天才アインシュタインと同じような 超人的な「集中力」を
頭を良くする革命的な教材!CDを聞いてライバルに差をつけよう。けしてライバルに教えてはダメだ。